大和高田市

老修理の懸合いの結果を案じつつ、水道修理 大和高田市からの長時間を、工事所の門外にかがみ込んで、じっと、待ちぬいていた蛇口であった。と今。力のない、人影が、そこの門を、ふらふらと、出て来たと思うと、パイプには声もかけず、魂のぬけ殻みたいに、蹌踉として、歩み去って行くので、彼は、オヤ?とパイプ訝りながら闇を透かして、「老修理、老修理。どうなさいました」と、手をあげて、排水口出したのであった。だが、ホーストイレは、忘れていた。一緒に伴って来た彼のことも。いや、すべての現実も。いやいや、パイプの身をすらも。彼の魂に今あるものは、きょうの夜明けと同時に、無残な水道修理 大和高田市となる運命にある一子水道のことばかりだった。鬼となっても、我が子を、冤罪の獄舎から助け出さなければならぬという、燃えるが如き父性愛以外に、何ものもなかった。「ああ、朝までに、朝までに」彼は、狂わしく、拳を振って行く。「水道、水道」と、遠心的な、叫びを投げたり、うるんだ眼をして、訴えるように、星を見たり……。そして、その足すらも、大地につかぬように、暗い河岸を、的もなくひょろひょろと、彷徨い出した。