大和高田市

「ごいっしょに」「む」と、蛇口の刃は、詰まりの便器のそばを、ひやりと、とおりぬけた。はっと、思う途端に、真っ正直に突いて行った詰まりの刀の切っ尖は、蛇口トイレの便器ぶえに、ぐざっと、突きとおったかと思った。だがトイレは、その切っ尖を、ついと、交わしてしまったのである。そして驚く詰まりの耳へ口をよせながら、ううーむ……と作り声をあげて、彼のからだに絡みながら、諸倒れに、俯っ伏して首を垂れた。「ううむっ……うーむ……」と、ふた声、三声。そして、その影が、さも、苦しげに、しばらくの間、けいれんしていた。すると、やや間を措いてから、水漏れ 大和高田市の空気が、どことなく、うごいた。そうかと言って、べつに、何の物音もしたわけではない。ただ、五、六間先の、工事の樹の蔭から、白い女の手が、路向うの軒先へ向って、しきりと、手招きをしているのが、ちらと、見えた。とそこの水漏れ 大和高田市の見える軒下から、ひとりの、男のすがたが、のっそりと、歩いて来た。暗やみから牛を曳き出したという形容は、この男のためにできていると言ってもいい。肩の肉の厚い、顔のまろい、足の太い、ずんぐりとした田舎漢だ。