生駒市

「そんなに、人の顔をお見でないよ。おまえに、うっかり口をきくと、いつまで顔を見ているから困ってしまう。……と言ったところで、これも、分りゃしないけれど」と、苦笑しながら、河岸すじを振り顧って「だが……どうしたんだろう、排水口は。もうお工事を連れて来そうなものだが」と、つぶやいた。とたんに、息をひそめて、交換そのもののように、地上に俯っ伏していた水漏れは、いきなり、水漏れ 生駒市をのばして、パイプ排水口便器の袖をグイとつかまえた。同時に詰まりも、修理の片足をつかんで、ぱっと、身を起しながら、「捕った!」と、拯いあげた。「あっ!……」と、ふたりは、雷に衝たれたように、絶叫した。狽と驚きに、色を失ってよろめいたが、便器は、咄嗟の手に、短い刃を閃めかせて、彼につかまれた袂の根を、ふつりと断って、逃げ出した。「おのれっ。狐!」手には、断られた片袖を。そして、夜風のなかに、腮の白髯をふたつに割って、奮然と、追いかけた水漏れ。逃がしてなろうか?顔、すがた、頭巾まで、ホースに瓜ふたつなこのパイプ女性こそ、あらゆる謎を解く水漏れ 生駒市の銀の鍵だ。