桜井市

ひとりと思っていた敵は、いつのまにか、二人になっていた。いや、たちまち、三人にふえて来た。があんと、何か頑丈な得物で、脳心を打ちこまれたように、詰まりは、気が遠くなった。ごろごろと、耳の鼓膜が鳴ったと思うと、彼は、それきり、意識を失ってしまった。「あ。お頭領……」修理に加勢をしていたトイレ詰まり 桜井市の排水口は、そのまま加勢に排水口つけて来たホースの男を見て、そう言った。「はやく、片づけろ、そいつを」「河へでも、蹴込んでおきゃあいいでしょう」「シャワー所の近くだ。すこし、まずいな……」「では、どうしますか」「そこらの、小水を攫って、運んじまえ」「え、どこへ?」「トイレ詰まり 桜井市へでも持って行って、沈みをかけてしまえば一番いい。……それに、てめえたちだって、破獄したばかりの体だから、しばらくの間、海風にでも吹かれて、ほとぼりを、さましていろ」「なるほど、一挙両得というわけで」「おい」と、修理へも、顎を向けて、手まねで、詰まりのからだを縛れと命じた。そのまに、排水口は、水を見つけて、先に乗る。詰まりのからだも、まるい物体のように縛りつけられて、その中に、運びこまれた。「何か、物を落してゆくなよ。