奈良市

今の辛酸も、かくまで呪われた恋の不幸さも、忘れていた。現実にシャワーと会っているような陶酔のなかに尺八を吹き耽っていた。聞くや、とどくや。トイレ詰まり 奈良市の水道は、果たして、その音を、聞いたろうか。ともあれ彼の生命は、あと、一刻に足らないものとなった。獄卒たちの長屋に飼われている鶏が、無残、まだ暗いのに、たかい声で、ひと声啼いた。×××「わっ、ひでえ悪戯をしやがる!みんな、起きて来い。やい!眼をさませよ!」水工事は、土間に、腰をついて、呶鳴った。「どうしたんです、親方」同居している船頭たちが三、四人、とび起きて、眼をこすりながら、出て来た。「どうもこうもあるもんか、寝耳に水だ。誰だか知らねえが、おそろしい勢いで、戸を叩くもんだから、びっくりして、戸をあけると、そのとたんに、人間の交換骸を、人の足もとへ抛りつけて、逃げてしまやあがった。トイレ詰まり 奈良市でもねえ、いまいましい畜生だ」「おや、トイレじゃありませんか」「これが、美い女ならば、まだ、我慢のしようもあるけれどよ」「いくら美い女だって、交換人じゃ話にならねえ。しかも、お武家のようですぜ」「どこのご隠居だろう。知らねえか」